水中ウォーキングの歩き方!初心者のために注意点と共に解説!

水中ウォーキングってどんな歩き方をすればいいんでしょう?
水中ウォーキングの方法や時間、注意点って何なんでしょうか?

水中ウォーキングの歩き方の基本は、背筋をまっすぐに伸ばして前に進む歩き方です。

水中ウォーキングには他にも後ろ歩き、横歩き、ジャンプウォーク、キックウォーク、ニーアップウォーク、ニーホールドウォークなど、目的に合わせた様々なやり方があります。

水中ウォーキングのやり方のポイント

水中ウォーキングの歩き方は、目的に合わせて、様々な方法がありますが、水中ウォーキングのやり方のポイントや時間について解説します。

水中ウォーキングの歩き方は、ダイエットや筋トレが目的なのか、腰痛改善が目的なのかなどで違ってきます。

ポイントとしては、ダイエットや筋トレが目的の場合には、基本の歩き方や後ろ歩きと共に、足腰の筋力が強化できて消費カロリーの大きいジャンプウォークのような歩き方を組み込むようにしましょう。

腰痛がある場合は、腰に負担がかかりにくい後ろ歩きがオススメです。

水中ウォーキングの時間ですが、最初は15分~20分くらいにして、ムリのないように行いましょう。

水中ウォーキングの注意点

水中ウォーキングの歩き方は、目的に合わせたやり方や方法で行うのがベストですが、では水中ウォーキングの歩き方の注意点って何なんでしょうか?

水中ウォーキングの歩き方の注意点としては、やはりムリをしないことが大事です。
最初は時間も短めにして、慣れてきたら、少しずつ延ばしていくようにしましょう。

水中ウォーキングは正しい姿勢で行わないと、効果がなかったり、腰痛などの原因になってしまうこともあるので、歩き方には注意しましょう。